七郷のあそび場

0

     

    6月30日、七郷あそび場が最終回でした。

     

    もともとは発災後に「遊びを通じて子どものこころのケアを」ということで始まったあそび場でしたが、継続していくうちに見えてきたのは「震災が起きる前から子どもは遊べていなかった」という現実でした。

     

     

     

    震災から1年半のこと。

     

    あそび場に来ていた5年生の男の子が、私たちがもともとは海岸公園冒険広場のスタッフであるということを知って「また津波が来てほしい」と言いました。「海岸公園が直ってまた公園が使えるようになったら、そっちに行っちゃってこのあそび場がなくなっちゃうから」だそうです。

    自分の足で来られるこのあそび場になくなってほしくないのだ、と。

     

    彼自身は津波被害は受けていませんでしたが、家族の仕事場が被災していたりと、無関係ではありません。

    被害がどれほどだったのか、知らないはずもありません。

    それでなお「もう一度…」とは。

    子どもの軽口、で片づけるには重すぎる発言でした。


    一瞬言葉を失いましたが、私は彼に「海岸公園が直っても、あそび場は続けたいと思っている」と伝えました。

    彼はあっさり「じゃあ津波はこない方がいい」と答えました。

     

     

    海岸公園冒険広場が再開するにあたり、その機能を移転させた「サテライト事業」でもあった七郷あそび場は終了しますが、七郷地域では「七郷中央公園冒険あそび場」を継続していきます。

     

     

    「七郷あそび場」を開催してきた7年間で、様々な変化があったように思います。

    公園を利用する人の数が増え、子どもが遊んでいるのが当たり前の風景になりました。

    子どもの遊びも随分とダイナミックさを増しているように思います。

    そんな子どもの遊びを暖かく見守ってくださる近隣の方々と子どもの出会いもありました。

     

    終了する、というと消えてなくなってしまうような印象を受けますが、これまでに積み上げてきた時間は、七郷地域に子どもの遊ぶ環境をはぐくんできたと思っています。

    あそび場は続かなくても、遊べる場所は残る。

    彼に言ったこと、なんとか守れたんじゃないでしょうか。

     

    もちろん、今後ずっとその状況が継続するかどうか、ということになると手放しで大丈夫ということはないだろうと思っています。

    手放しでいた結果、子どもが遊べない環境になってしまっていたわけですから…。

     


     

    地域で展開していたあそび場を終了するのは、「子どもの遊び環境を豊かにする」という目標からは遠ざかるように思えます。

    しかし、海岸公園冒険広場が、多くの人が広い範囲から遊びに来る公園になるであろうことを考えると、「大人への発信」という意味では大きく前進するのではないかと考えています。

     

    純粋に子どもが「思いっきり遊べる公園」であることも大事にしますが、大人の皆さんに、子どもが遊ぶことの大切さを感じ、それを地域に持ち帰ってもらえる公園にしたいと思っています。

    そして、それぞれの地域で子どもの日常の遊び環境を豊かにする大人を増やし、子どもがのびのび遊び、いきいきと育つ社会を実現していきます。

     

     

    後ろに下がったように見えるのは、これから大きく飛び出すためだ。

     

    それを言い訳にして「今」をおろそかにするつもりもありませんが。

     

     

    海沿いで、町なかで、今後ともよろしくお願いいたします。

     


    夏なんだな

    0

      暑いですね!

       

      今回は短い記事を。

      7月30日の七郷あそび場の様子をご覧ください。

       

      キャスターのついた箱にビニールシートを敷いて、水を汲みます。

       

      汲みます。

       

       

      そしてライドオン&GO!

       

      「走るプール」完成!

       

       

      どこまでもいくぜ。

       

      結果としては散水車に近いわけですが。

      いいなぁ、この発想。

       

      ものすごく楽しそうに、ゲラゲラ笑いながら重いバケツを運んでいましたよ。

       


      お父さん、押す!

      0
        12月5日の七郷あそび場にて。
        手づくりハンモックです。

        お父さんが押しますよー。


        よっしゃぁー、押すでぇ〜


        いくでぇえ〜


        おっしゃぁあああ!


        どうじゃいー!

        豪快な押しでしたねー。
        お父さんと遊ぶことって意外と少ないんじゃないでしょうかねぇ。

        お父さんは、スゴイんやで。

        遊びの中だからこそ見えるもの、感じることがあるのです。
        もっとあそぼう!お父さん!

        大!お誕生会

        0

          本日(8月22日)は七郷あそび場にて、大!お誕生会です。
          お盆休み突入前に地域のお母さんと、遊びに来ていた子どもが
          誕生日の話になりまして。
          「お盆休み明けの遊び場でお誕生会をしよう」
          という話になっていたのでした。

          そして時は来た。
          ワイワイお祝い誕生会。

          ケーキを作りますよー。



          ケーキと言っても七郷あそび場では火は使えないので。

          土台は食パン。
          そこにチューブタイプのホイップクリームをニューっと出して。

          塗り広げまして。



          トッピン具(赤面級のダジャレ)。

          夏ミカンやバナナ、アポロチョコ。
          そしてお母さんが岩沼で借りている畑で採れたメロン。

          お母さんの家の下の子は「メロン」という単語が出るたびに
          「甘くないメロン!」
          と訂正していました。



          フルーツを乗せたら上からクリーム。
          そして食パンでサンドして、再びクリーム&フルーツ。
          さらにクリームからの食パン。

          最後は全体にホイップクリームを塗り広げております。
          丁寧な仕事でございます。

          さあ、仕上げだ。



          チョコ菓子や「甘くない」メロン、バナナ、夏ミカン。

          ろうそく代わりにビスケットをデコレーションして完成。

          しかし。

          これで終わりではないのですよ。



          中学生が集まって何やらやっておりますが…。

          こちらは「しょっぱいケーキ」作成中。
          しょっぱいケーキってなんだ!と思われるでしょうが、
          甘いものが苦手なスタッフが居りまして。

          彼も8月生まれだったのです。

          で、そのスタッフも食べられるケーキを…
          ということで考えられたのが、「しょっぱいケーキ」なのです。



          材料はこちら。ワオ!

          実は写真としては作成後の調理場の写真なのですが。
          右奥はサンマかば焼きの缶詰。
          中央にスライスチーズ。
          それに乗っかっているタッパーの中にはしし唐とソーセージの炒め物。
          駄菓子。マヨネーズ。チューブワサビ(‼)。柿ピーにイカフライ。
          アルコール除菌のウェットティッシュの後ろにちらりとケチャップも見えております。

          危険なにおいがするぜ。



          さあ完成。

          切り分けてみんなで食べよう!
          その前にハッピーバースデーの歌も忘れずに。



          で、まずは甘ケーキ。うまいうまい。
          誕生会の主賓が自ら切り分けております。

          奥にあるしょっぱケーキの存在感。



          甘ケーキが半分なくなったところでしょっぱケーキも切り分けはじめました。
          視線が集まる。

          いかなるできばえか。



          しょっぱケーキを作っていた中学生の一人。
          じっと見ています。

          彼の脳裏には作成中の光景が浮かんでは消えていることでしょう。
          しばらくの逡巡ののち、ままよとばかりにかぶりつきました。



          そしてこのリアクションである。

          しかし、チューブワサビなどのショッキング具材は使われておらず。
          作った中学生が「自分たちが食べる前提」でいろいろ考えて作ったらしい。

          基本はケチャップ味。
          サンマ蒲焼とチーズのハーモニー。
          水分を吸ったスナック菓子のヘチョヘチョした食感がアクセント。

          ある子どもは「うまい!うまい!」とモリモリ食べておりました。



          なんだかんだで完食。

          みんなでお祝い、いいですねぇ。
          「思い付き」をカタチにできる。

          さて、何が「大!」お誕生会なのかというと、
          当初予定していた8月生まれの人のみならず、5月〜10月までの
          「まぁ夏と言えなくもない(10月はアウトっぽい気もするけど)月」
          生まれの皆さんのお誕生会だったのです。

          すげーアバウト。ほぼ半年じゃん、。

          だが、それがいい。

          次のお誕生会はいつだ?

          ハルキテル

          0
            3月21日の七郷あそび場の様子です。
            卒業式を終えた小学校6年生、中学校3年生もやって来ておりました。

            陽射しが温かく、風も穏やかな非常に気持ちのいい日。

            遊びに来ている人数も多すぎず、それぞれにしたいことをして過ごすにはいい感じ。


            草笛吹いたり。それを聴いたり。


            こちらでは最近流行している「釘さし」です。
            細かいルールは遊び場で子どもに聞いてみましょう。


            木工作。銃です。つなぎ材を上手く使っていらっしゃる。


            こちらではあそび場のアンケートにご協力いただいております。
            ありがたいありがたい。
            お子さんはあっちで大きい子と遊んでましたよ。


            いい感じの場所にいい感じで溜まっているなぁ。
            ギターなんかも弾いちゃって。絵になるねぇ。


            誰かが遊んだ水たまりの石。
            こういうのを見つけるとなんだかうれしくなります。
            なぜだろう。


            なんか見つけた。
            2人ともいい背中。

            日がかげるとまだまだ寒いけど、
            春、来てる。

            祈りよとどけ

            0
              12月13日(土)七郷あそび場にて。

              ベーゴマブーム到来か。
              ベイブレードも参戦。
              真剣勝負!


              年齢性別関係なくアツくなっております。
              連勝を重ねた少年は天狗の鼻がスカイツリー状態でした。
              次はベーゴマを改造してコテンパンにしてやろうと思います。
              大人げないかしら。
              いや、勝負ですから。


              勝負の行方をじっと見る。

              やがてちらほらと雪が降ってまいりました。
              しかし楽しいほどではない・・・。

              そのうちに「雪ごい」の儀式が始まりました。
              木端に「雪神」(ゆきじん、と読むそうです)と書いてご神体にして
              枝を振り回しながら祈りをささげ
              「雪、降れー!!」と叫びながら祭壇の周りをぐるぐる回っていますが
              どうも効果がなさそうな。

              どうしたものか、と考えた結果、お供え物をすることになりました。

              お供え物はこちら。


              じゃーん。お供え物っていうか、生贄じゃん。


              バージョンアップ。少しシンプルになりました。


              最終版。もはやカオス。
              お供え物というよりも彼がご神体のようにも感じられてきました。


              スタッフもお供え物にされております。
              信心深い皆さんが手を合わせております。
              ありがたいありがたい。

              お祈りと踊りとお供え物のおかげもありまして


              降ってきました。

              効果てきめん。
              すごいぞ雪ごい。

              雪遊びをしたい方は挑戦してみてください。

               

              カラフル

              0
                6月28日の七郷あそび場にて。

                「見て見て!」と呼ばれて見に行くと



                あら、カラフルな。オリジナル国旗だそうで。
                左上はオリジナルではないと思うのですが・・・ヤボは言いますまい。

                しかし、悲しいかな力作といえども残しておくわけにはいかないのがこの遊び場のさだめ。

                バケツとデッキブラシを用意してくると、描いた子が「私がやる!」とのこと。
                自分の力作には自分の手でサヨナラをする、ということでしょうか。

                若干の切なさを感じつつ別の場所で片づけをしていると。
                さっきの子がまた「わー、キレイ!来て!見て!」と呼んでいます。

                いったいなんだろう、と思って見に行くと



                はー!

                水で流れたチョークがきれいな虹を作っておりました。
                これはきれいな。

                最後の最後まで楽しませてくれる作品でした。

                チョークの不思議

                0
                  2014年5月17日の七郷あそび場にて。

                  チョークはいつでも安定した人気のある遊び道具です。



                  年齢問わず使えるのも魅力ですねー。



                  あら、きれい。
                  絵の具のように色を混ぜることもできるんですなぁ。




                  それにしても。
                  どうして誰一人として黒板を使わないのだキミタチ。

                  気合十分

                  0
                    5月10日㈯の七郷あそび場。
                    天気がいいのです。日差しは夏かと思うほど。しかし風がある。
                    そんな日の出来事。

                    あそび場にプレーカーが到着するなり水鉄砲を持った男の子たちがぞろぞろ出てきました。


                    やる気だ・・・。



                    しかし、男の子たちが始めたのは基地づくり。
                    棚や天板、ブルーシートなどで作っています。

                    その基地に何やら張り紙をしていました。釘で。
                    気合の入った水鉄砲のイラストです。家で描いてきたんですなー。

                    水鉄砲をいっぱい持ってきたから一緒に遊ぼうぜ、的なことが書いてあります。
                    貸し出しの受付らしい。



                    メンバーも集まってきました。
                    中には合羽を着ている子もいます。
                    完全にこれをやるために準備してきている。

                    左端の子はブルーシートの切れ端を巻いて防御力を高めていますな。
                    どれほどの効果があるのかは謎。

                    それにしても気合十分、今日は一日水遊びになりそうです・・・。



                    と、思っていたのですが。

                    風が予想以上に寒かったようでいつの間にやら水合戦は消滅してました。







                    まぁ、そんな日もある。

                    前方後円墳

                    0
                      5月10日の七郷あそび場にて。

                      小学校高学年の子たちが集まって何やらやっています。
                      バール(くぎ抜き)で地面を掘り返しているようですが・・・。

                      畑か?落とし穴か?
                      いずれにせよ埋め戻して帰らなきゃいけないなぁ・・・・

                      なんて思いながらその場はスルー。







                      しばらく別のことをしてから様子を見に行くと







                      お墓ができていました。墓碑には「ヒナのはか」と書いてあります。
                      鳥のヒナを埋葬したようです。

                      丁寧な作りです。
                      子どもの「いのち」に対する真摯さを見た気がします。


                      このお墓は原状復帰せずに帰ってきました。

                      というか、これがそうした原状復帰など公園利用に関するルールについての議論の対象になったら、とても悲しい。
                      まぁ、ないとは思うけど。

                      | 1/2PAGES | >>