東六郷小で遊んできました

0

     

     

     

    5月14日の「東六郷小で遊ぼう!」の様子です。

     

    この日は仙台国際ハーフマラソンの日でもありましたね!

    雨でしたが、出場された方は風邪などひきませんでしたか?

     

    遊び場も雨でも開催していました。

    数日間降り続いた雨のおかげで、校庭に大きな池が出現していました。

     

    池っていうか、まあ、正体は「グレートな水たまり」なんですけど。

     

    とはいえ、こんなに大きな水たまりでなかなか遊べませんよ。

    長靴の無敵具合を検証するにもちょうどいいです。

     

    周辺の用水路で生き物探し。

    「東六郷小で遊ぼう!」はこれまでにも何回か開催していますが、生き物探しはすっかり定番の遊びになっております。

    とか言いつつ私は初参加なのですが。

     

    子どものころザリガニとかとってたなあ。

    イモリもとってましたよ。お腹が赤いヤツ。

     

    生き物をとって遊ぶ、っていうのが定番というか

    「みんなやったことあるよね!」くらいに思っているのですが、

    実はそうでもないんでしょうかねぇ。

    仙台市と言っても若林区の沿岸部と仙台駅周辺の市街地では環境が違いすぎる。

     

    仙台市の市街地にお住いの皆さん。

    10キロも東に移動すればこんな環境がありますよ。

    車、バス、自転車、歩き…なんででも来られますから。

     

    いかがです?

     

    ザリガニを獲ったが入れ物がないということで、サンダルに。

    このまま水に浮かべてました。

     

    サンダルの船で水面を漂うザリガニ。

     

    水溜まりを走り抜けたり、自作のザリガニ釣り用の釣り竿で水面を叩いたり。

    水しぶきが上がります。

    テンションも上がります。

     

    何故、水しぶきが上がるさまを「カッコイイ」と感じるのだろうか。

    躍動感が強調されるからかしら。

    水がはじけるときの形がきれいだから?

     

    自然の造形にはかなわんね。

     

    なんかやりたいなー、と思って水たまりを深くしています。

    深くはなるんだけど、水が濁ってどこが深くなったかわかんないの、コレ。

    なかなかスリリング。

     

    この後私も含め何人かハマってました。

     

    こちらはザリガニ観察。卵を抱えていました。

     

    いじくりまわしているうちに卵から小さいザリガニがどんどん出てきまして。

    マジかよー。

    このうちの一人は「大きいのはダメだけど、小さいのなら連れて帰っても大丈夫かも」とペットボトルに生まれたばかりのザリガニを流し込んで連れて帰りました。

     

    ま、そのまま川に流してもザリガニは田んぼに悪さをするからねえ。

    良いことをした、ということで(ザリガニにしたら災難だろうけど)。

     

    雨の中、東六郷小学校OBの青年が遊びに来ておりました。

     

    今や冒険あそび場ネット最古参のスタッフである「ブッチャー」と語っております。

    用水路の生き物の捕まえ方。食べられる木の実があった場所。

    あんな遊びをした、こんなことがあった。

    ふるさとで遊んだ記憶。

     

    ふるさとで遊んだ、っていうか。

    遊んだ記憶があるからこそふるさとになるんじゃないのかなぁ。

     

    震災後、被災した東六郷小学校は六郷中学校の校舎の一部を借りて授業をしていましたが、

    2016年度で六郷小学校と統合となりました。

    この校舎も6月中には解体工事が始まる予定です。


    六郷東部地区でのあそび場活動は継続していく予定ですが、

    解体前に東六郷小学校の校庭で遊べるのは、次回が最後となる予定です。

    次回の「東六郷小で遊ぼう!」は6月11日(日)を予定しております。

     

    ※「東六郷小学校であそぼう!」は、日産プレジデント基金の助成を受けて実施しています。


    コメント
    コメントする