楽農村:6月

0

    7月になってしまいましたが、6月の楽農村の報告です。

     

    6月の「楽農村で遊ぼう!」は、やや曇りのちょっと残念な天気の中行われました。

    参加人数も若干少な目でした。

     

     

    しかし、盛り上がりは十分。

     

    このあと何枚かの写真に白い「もや」のようなものが映り込んでいますが、水滴です。

    どうかお気になさらず…。

     

    いつもの泥あそびエリアに川?堀?ができていました。

    お母さんに手を引かれながら、堀の中を歩きます。

     

    はねる泥水が作る影。土のにおい。

    水の冷たさ、泥の温かさ。濡れた服の感触。

    足の裏に伝わる泥のぬめる感触やひかれる手の心強さ。

     

    いろいろな刺激を感じていることでしょう。

     

    こちらではお母さんもはだし。

    いいですなぁ。

     

    こちらではお父さんと一緒に堀を歩いています。

    本当に楽しそうに泥の上を歩いていました。

     

    一歩一歩の足の運びから楽しさが伝わる歩き方。

    終始笑顔でしたね。

     

    泥の上を走るのが気に入ったようで、走って行ったり来たり。

    そのうちつるっと転んだ瞬間に真顔になったんですが、

    見ていたお父さんとお母さんが笑っているのを見て、再び笑いながら走り始めました。

     

    続いては今月の生き物レポート。

     

    今月は地底人が出ました。

     

     

    穴から出られなくて困っているようです。

     

     

    地底人と地上人の心温まる交流。

    助けている地上人も十分地底人っぽいですけど。

     

    以上。今月の生き物レポートでした。

     

    山から大穴に飛び込みます。

    ダイナミック。上がる泥水しぶきとテンション。

     

    ガールズも飛ぶぜ。

     

     

    エアーもキメてナイスジャンプ。

    飛びすぎで画面から切れてしまいました。

     

    「楽しすぎてやめられない!」

    とナイスすぎるコメントを発して穴から出て次のジャンプに向かっていきました。

     

     

    前半終了。

    お昼はまったりたき火タイム。

    あぶって食べるときの「ごちそう感」。
    このひと手間がスペシャル。

     

    するめ炙り中。熱いまなざしが注がれます。

     

     

    今回、広い範囲を撮影してみてわかりましたが、泥のエリアに踏み込んでいる大人の人数が多いのです。

    本来であればそれだけ遊びのエリアをつぶされて、子どものあそびが窮屈になりそうなものですが…。

     

     

    逆に、子どもがのびのびしているように感じます。

    思い切りが良い、とでも言いましょうか。

    一緒に泥あそびをしている大人の姿がそのままメッセージになっているのでしょう。

     

    「面白いね!」

    「気持ちイイね!」

    「もっとやっちゃおう!」

     

    言葉にせずとも伝わるものがある。

    むしろ言葉よりも雄弁に。

     

    今回のスペシャルはこちら。

    バケツ入りのチョコレートではありません。

     

    先月のあそび場でさんざんかき回された泥と泥水。

    それは粒の大きいものから沈みます。
    粒の小さいきめ細かい泥の粒が一番上になって一月ほど経ちますと。

     

    こんな感じに固まります。

     

    この固まってひび割れた泥の板を水でこねると、先ほどのようになるのです。

     

    なるのです、って見てきたように言ってますけど、細かい粒子が云々の部分は「きっとこういうことだろう」という推測です。

     

     

     

    しかしこの感触。大人も虜。思わず声が出ちゃいます。

     

    「なぁあんじゃあ、こりゃぁあ!うっひょぉおおお!」

     

    って。

     

    お前以外の大人がそんな声出すもんかよ…。

    と、思うでしょう?

     

    マジだから。

     

    この感触を何とか伝えたいのですが、伝えられる言葉を持っていないのです。

    ああ、歯がゆい。

     

    触らせたい。このブログを読んでいる皆さん全員に、この泥を触らせたい。

    そしてみんなで言いましょう。

     

    「うっひょおおお!」

     

    次回、「楽農村で遊ぼう」は「はやおきあそび場」。

    7月16日の午前3時〜午前10時を予定しております。

     

    間違いではありません。

     

    午前3時〜午前10時

     

    です。

     

    ※みやぎ地域復興支援助成金を受けて活動しています。


    コメント
    コメントする