岩手へ

0

     プレーカーのコーティングのため、本日も岩手県一関(いちのせき)市の千厩(せんまや)まで車を走らせる。

    作業の待ち時間で陸前高田(りくぜんたかた)に行ってみる。山の中を走っていき、山間から抜けた瞬間から、目の前にほぼ更地になっている街が広がる。

    住宅や商店が並んでいたであろう場所は何もなくなっている。車を止めて周りを見ているところに、少し上の仮設商店街で買い物をしてきたらしいおばあさんが通りかかった。

    挨拶をすると、以前の街の様子を話してくれた。最後は「何にもなくなっちまってなぁ。みんないなくなって、寂しくなったぁ…。」そう言って去っていった。何とも言えない気分になる…。

    駅前のにぎやかな通りだったそうだ。以前の姿を知らない人間にはイメージもつかない。


    右奥に見えるのが「奇跡の一本松」だ。

     


    コメント
    コメントする