まま&ぱぱかほぇ

0
    本日6月4日は荒井2号公園あそび場での
    「まま&ぱぱかほぇ」でした。「かふぇ」ではありません。
    「かほぇ」です。気の抜けた感じがナイスなネーミングだと思っております。

    このまま&ぱぱかほぇ(以下、かほぇ)は、この公園に遊びに来るちびっことお母さん・お父さん同士がつながるきっかけに、と企画されたものです。
    立ち上げの声掛けと最初の数回は(1回だけだったかな?)スタッフが企画をしましたが、回を重ねるにつれ、参加しているお母さんたちから「次はこれをやってみたい」「来月のチラシ描きます」という声が上がるようになってきました。

    今やほぼ完全にお母さん任せ。
    そして今回は「小麦粉ねんど」づくりです。

    小麦粉と水、油で作るので、(アレルギーがない限り)口に入れても安心。
    色粉とアロマもあったんですが、アロマはおいしそうな匂いがするものが多かったため、逆にどんどん口に入れちゃうだろうということで無しにしました。


    こねこね。

    もちろん、小麦粉ねんどづくりをせずに過ごしてもオッケー。
    ねんども作り、あれこれ遊んでいるうちに・・・


    寝ちゃいました。
    周囲では「寝ちゃった」「かわいー」「気持ちよさそう」といった声が上がっております。

    風の通る日陰のゴザの上で昼寝。ナイスすぎますなー。うらやましい。
    しかし寝ていると味わえない時間もありまして。


    紙芝居です。これも得意なお母さんが「やりたい!」と始めたもの。

    離れて見ている男の子は、始まるまでは遊具で遊んでいました。
    が、紙芝居が始まったらここにぴたりと止まってじっと見続けていました。


    その後、あそビークルの荷台によじ登ろうとしている子を発見。
    足元に何かおいてますねー。箱のふた?
    一度挑戦して登れず、その後に持ってきて足元に置いたので、「踏み台」なのかもしれません。

    うっすいなー、踏み台。

    ほほえましすぎる。



    本日の個人的ナイスショットがこちら。

    何の変哲もない2ショットですが、これ、親子ではありません。
    しかも、大人の方はお昼を食べにちょっと公園に寄っただけ。
    そこにてってけてー、と女の子が寄って行ったのです。
    当然のように横に座り、何やら話しかけていました。

    この女の子には、この公園が「自分の場所」になってるんでしょう。
    やってきた人を迎えたんですなー。お昼ごはん目当てかもしれませんが。

    もちろん、この方にはこの後私から説明をさせてもらいました。
    この子が地域の大人とこの遊び場の橋渡しをしてくれたのです。
    子どもが真ん中、あそび場からの地域づくり、というのは、こういうことなんだと思います。
     

    コメント
    コメントする