中野小あそび場、始動に向けて

0

    津波被害を受け、現在は中野栄小学校に間借りして再開している中野小学校から、放課後のあそび場活動の依頼が来ていた。バスでの帰宅などの都合上、遊ぶ時間がない子どもが多いのだという。
    校庭も、間借りしているという意識(自分たちの学校ではない、という意識)からか、思いっきり、のびのびと使う…というようにはいかないらしい。

    今日は、その遊び場活動が実際に動き始めるにあたっての打ち合わせだ。

    昇降口
    昇降口。2つの学校が1つの校舎に入っていることがわかる。

    校庭を実際に歩いて見て回り、何ができそうか、気を付けるところは、拠点はどこに置くか、などを話し合っていく。
    開催時間も、子どもの帰るバスの時間との関係で決めた。

    校舎
    校舎。奥にある車は臨時駐車場に停めている先生方の車。

    校庭
    校庭。一面真っ白ですが。

    学校での打ち合わせが終わってから、学校の周辺も見て回る。近くには児童館があり(ちなみに、中野児童館も中野栄児童館に間借りして再開している)、大きな公園もあるので、校庭での活動にとどまらない動きも展開できそうだ。児童館の職員の皆さんにも挨拶をしていく。

    中野栄小学校から車で少し走ると、津波の被害を受けた中野小学校についた。解体されずに残っているので、そのままの状態で残っている。周りには住宅街が広がっていたということだが、見渡す限りなにもなかった…。

    旧校舎
    中野小学校の旧校舎。

     


    コメント
    コメントする