iあいあそび場(最終回)

0
    一月以上のご無沙汰となってしまいました。

    2月25日(水)の岩沼市「iあいあそび場」の様子です。
    実はこの日で「iあいあそび場」はおしまいなのです。えぇーっ!


    と、騒ぐような人もいないのです。数か月前から告知はしていましたからね…。

    いつも通り、ゆったりとのびのびと時間を過ごしております。
    iあいあそび場最後の読み聞かせには「おはなしクレヨン」さんが面白いお話、優しいお話を読んでくれております。

    読み聞かせの後は好きに過ごす時間に。
    とか言ってますが読み聞かせの時間も自由に過ごしてました。
    始まったころの「読み聞かせを邪魔しちゃいけない」みたいな緊張感が嘘みたい。
    はしゃいでいる子もやわらかく見守る感じです。


    洗濯ばさみの冠が。洗濯王子。


    わたくしこの写真好きです。意図してないのに整列しちゃってる感じがなんだかおもしろい。
    ちなみに椅子はスタッフではなくお母さんたちが並べたわけであります。
    遊び心。遊びたい気持ちがあれば自ら動いて「お客さん」にはならんのでありますねー。


    タオルケットで遊びます。
    ズルズル引きずられていい感じ。


    こちらではハンモック?に。
    お母さんたちは「3人は無理ー!」と笑いながら頑張っておりました。


    こっちでは子どもが子どもを引っ張って遊んでますなぁ。
    …と思ったら取り合ってるところでした。


    いろんな子が遊び、お母さん同士がつながってきたiあいあそび場は今回で終了です。
    が、公園のあそび場は今後も続いてゆきます。
    最近は外のあそび場でチビちゃんとお母さん・お父さんを見ることが当たり前になってきました。
    公園のあそび場はさらにいろんな年齢の子ども・大人の集まる場所です。
    世界はどんどん広がっていきます。

    さいごに。

    iあいあそび場は終了しますが、遊び場に来ていたお母さんたちが集まって会を立ち上げました。
    「誰でもおいで!」というスタンスの幼児サークルという事です。
    その名も「ちびぞうくらぶ」。愛称は「ちびぞう」になるんですかね。あら親近感。

    お母さんたちが作っていく遊び場。これは面白くなりそうだ。

     

    コメント
    コメントする