階段にて

0
    iあいあそび場は建物の2階でやってたんですが、部屋の中だけでは収まらないぜー、っていう子ももちろんおります。
    本日は階段が人気なようで。



    踊り場にいる子は1歳前半。階段を1段降りるのも挑戦です。
    バランスを取りながら慎重に足を出し、踏み出し切れずにひっこめる…。
    そんなことをしばらく繰り返しています。

    大人から見たらとてもとてもささやかな挑戦です。
    ともすれば待ちきれずに「なんでこんな程度のことで…」とイライラしてしまうかもしれません。
    でもこの子にとっては大きな挑戦なのです。

    いろんなことができるようになってきて、自分でやってみたいのです。
    手を引こうとしたら嫌がります。抱っこされておりるのも嫌がります。
    お母さんは「どうしたいのよー」と、ちょっと困った様子でしたが、じっくりと待っていました。
    やがてこの子は今日のところは自分だけで降りることはあきらめたようで、お母さんに少しだけ支えてもらいながら階段を下りていきました。

    「さんざん待たせて諦めるのかよ!」なんて言いたくもなるかもしれませんが、
    「今日はまだ行かない」を決められるって、実は大人でもなかなか持てない決断力だと思います。

    周りが「行くんだろ?」と期待していることを感じてしまうと、それまでは自分の「行きたい」という気持ちだったものが、誰かからの「行かねばならない」に変わってしまいます。

    やるもやらないも自分で決める。
    すごく大事なことだよなー、とこの階段での様子を見ながら考えていました。

    そして、「決める」を待てること。
    これを大事にしたいなー、と思ったのでありました。

    コメント
    コメントする