ドゥルンドゥルン

0
    あったかくなってきましたねぇ。

    今回も3月22日の岩沼市、里の杜あそび場にて。

    今回の記事、嫌いな人は嫌いでしょうなぁ。

    先に言っておきましょう。
    春になると池にたくさんある透明で真ん中に黒い粒があってドゥルンドゥルンしてるアレです。

    カエルの卵の話です。


    岩沼市の里の杜中央公園にはけっこう大きい池があります。
    夏は水を循環させて噴水も動きます。水遊びができるのです。
    冬は氷が張っているのでまた楽しい。

    そして現在の季節は春。

    みんなで池を覗き込んでおります。
    アレの季節ですねー。

    あそこにある!ああ、ここにもある!あそこにいっぱいあるー!
    どんどん見つかります。


    前に取ったやつを水槽の中に入れて持ってきた子もいましたよ。
    育てているんだそうな。


    手桶にすくってみました。
    最初は「気持ち悪ーい!」と言っていた小学生の女の子たちでしたが、4歳の女の子が喜んでさわっている様子を見て恐る恐るさわり始めました。
    で、実際さわってみると「…意外と、気持ちいいかも知れない…。」なんて感想も出てきたりしまして。

    まぁ、そのあとすぐに手を洗いに行ってましたが。


    わしづかみ。

    何とも言えない感触ですなー。ドゥルンドゥルン。
    苦手な人のために食べ物系に例えるのはやめておきましょう。
    食べられなくなっちゃうから。

    持ってみて分かったけど、意外と「粒感」があるんですね。
    初めて知ったかも。

    写真奥にいる子のテンションがすごいです。ド低い。
    お嫌いなんですね。


    公園に落ちていた何かの容器に入れてみました。たっぷりと。

    おあつらえ向きに透明でございます。
    で、やっぱりちっちゃい子はこの感触が好きみたい。

    なんやかんやずっといじっております。


    こんな感じー。わぁスゴイ。

    奥にいる女の子たちが面白い。
    うへぇ、となっているのに視線を逸らせない…。
    嫌いなのに見ちゃう。

    うーん、その気持ち、わかる。

    春と言えば、なカエルの卵のお話でした。
    あ、卵はちゃんと池に返しましたよ。

     

    コメント
    コメントする