中野小・中野栄小あそび場の10月&11月

0
    中野小あそび場、10月&11月のあそび場です。

    何故2か月いっぺんにアップしているかというと
    中野小あそび場では非常に珍しい
    「2週連続開催」
    となったからなのです。

    まずは10月28日の様子から。
    いつもは14:30〜15:50という短い時間の中での開催なのですが
    今回は13:30〜15:50と1時間長い開催でした。
    いつもであれば、人気のある手作り遊具が取り合いになったり、
    べっこうアメを作ろうと思っていても時間が足りず、
    おたまを使う順番が回ってこなかったり…
    という状況だったのですが。今日はゆったり。

    とはいっても、開始から1時間はいつものようにちょっとあわただしい感じでしたが。

    あそべる時間が長いといろいろな遊びが生まれてきます。
    いつもは遊具を大人が用意して子どもが遊ぶ、という展開ばかりなのですが、今回は



    子どもがロープを使って遊具作りをしています。
    張り巡らせておりますなー。
    あっちへこっちへと縦横無尽。試行錯誤。
    実に楽しそうにやっております。



    こちらは大人の作ったブルーシートハンモック。
    まぁ、遊びの入り口に…ということで作っておきました。人気です。
    動く遊具は面白い。
    スリルがあればさらに。



    ハンモックってこんなにギュンギュン揺らすものじゃないと思うんだけどなー。
    ま、いいか。



    こちらは定番のべっこうアメ作り。そもそも「校庭で火が使える」というのがすごい。
    「今までは順番が来なくて作れなかったんだ」という初挑戦の子が多かったです。



    これまでの時間切れにより無念…な経験から「おたまが空かないから作れないのだ」
    という答えに至り、一度家に帰って「マイおたま」を持参した子もいました。
    なるほど。



    こちらではおたまが空くまで宿題をして待っております。



    寒くなって動きが鈍くなってきたトンボ。



    あっさり捕まえました。
    捕まえたことで満足。この後逃がしていましたよ。
    よろよろと飛び去りました。



    子どもが作ったロープ遊具は大盛況。



    看板まで作られていました。
    ちなみに、大人の作ったハンモックはこの時は誰も乗っておらず。
    遊具が誰にも使われていないというのは珍しい。
    それぞれの子が「自分の遊び」を展開していたわけですね。
    短い開催時間の中で、「とにかくなんかしたい」という状況ではなかなか見られなかった光景。
    やっぱり、開催時間が長いっていいなー。

    そして翌週、11月4日の様子。
    11月からは下校時間が早まるので終了時間が15:30になりました。
    本日の開始時間は14:30。
    1時間のみのあそび場です。



    時間が短いという事で、今日はお手軽に焼きマシュマロ。
    学校でおやつが食べられる、という特別感。



    こちらは開始前にスタッフが作ったハンモック。
    今回も人気。



    木工作場もにぎわいました。



    先週に引き続いて今日もロープ遊具作り。
    あそび場に来て、まずロープを掴んで遊具作りを始めていました。
    先週の「遊具作り熱」が、まったく冷めていない感じですね。
    さすが2週連続。



    一番上の段を制覇して何とも誇らしげ。
    下の段では「木の上でギターってさ、最高じゃない?」だそうで。

    作っている子は後ろに居ます。
    自分で作った遊具ではほとんど遊んでません(強度チェックはしていましたが)。
    遊具を作ること自体が遊び、なのですなぁ。



    スタッフに台車?箱車?を引っ張ってもらっております。
    2人も乗ったら重いぜ。
    そもそも乗れるかどうかも怪しいけども。

    スタッフとしては、日常定期的に開催しているようなあそび場では
    「自分らでやったら…」
    というようなことも、この遊び場では応えていることが多いです。

    少ない開催回数、短い活動時間。
    試行錯誤する過程にも醍醐味はありますが、
    十分に経験を積み重ねる機会がある、という前提があってのことなのではないかと思います。

    それが難しいとき、自分たちはどうするのか。
    子どもにとって何がベストなのか…。

    考え、話し合い、決めてきました。



    終了時刻ギリギリまで遊んで、ダッシュで帰っていきました。
    スクールバスが出る時間です。

    中野小に通う子は、離れた仮設や復興公営住宅からスクールバスで通っている子が多いのです。
    それ故に放課後という時間は無く。学校が終わってから友達と会うことも難しい。
    だからこその「中野小・中野栄小あそび場」なのです。

    「中野小・中野栄小あそび場」は中野小学校の閉校に伴い終了します。
    次回1月27日は、最終回…。

     

    コメント
    コメントする